うめたび!

風の向くまま、気の向くまま、旅をするにはまだまだ経験も修行も足りませんが、楽しんで旅をする様子を綴ります。

幻の青

2005.10.10 ナポリで一番印象に残っているのは、朝日に照らし出された街並みである。 ナポリ最後の日。かろうじて晴天。早朝から起き出して バスにのりフェリー乗り場へ。日の出と同時くらいにカプリ島行きの フェリーへ乗り込む。朝日に照らし出されたナポ…

誰かの寝室をのぞくような・・・パリで一緒に

パリでいっしょに - パリでいっしょに そのまんまのタイトルの本書は アメリカの有名なゲイ作家が、恋人(同性)との パリ暮らしを綴ったエッセイですが、 この場合は、相手がフランス人だから、まあ自然な選択か。 私は正直、同性愛者とか理解しているわけで…

ナポリを歩く

2005.10.8 朝7時半に起床。再度クレジットカードで日本へ国際電話を かけてみるが誰も出ない。 10時37分発、DIRナポリ行きに乗り込み、いよいよ出発。 さようならローマ… 途中、列車内のトイレへ行くのに、イタリア人の オジサマ達のお世話になりつつ、無事…

きみのためのバラ 旅をする小説

昔(若い頃)ほどではないのですが、ちょっと人見知りするたちで、 特に初対面の相手というのが、どう話をしたらいいのかわからなくて 戸惑います。 社会人になり、アラフォーになってだいぶ改善されましたが… よく考えたら、人見知りの激しいアラフォーって、…

ローマの雨音

2005.10.5 朝イチの成田エクスプレスでいよいよ出発。 空港で今回の旅の同行者と合流した後、 搭乗まで親しい人に最後のメールなど送って過ごす。 姉にメールをしたら、早朝にも関わらず電話が来た。 いろいろ不安な噂の多いコリアンエアーに乗り込む。 CAは…

旅するように暮らす

最近、家の近くを歩いていて、神社でお祭りを やっているのに出会いました。 正直、近所に住んでいても見落としそうなくらい 小さな神社なのですが、夏は盆踊り、秋はお祭り、 新年には初詣客にお清めのお酒を振る舞ったり、 確か餅つき大会、なんてのもやっ…

なぜパリをめざすのだ

日本人のパリ好きって、いつから始まったのでしょうか。 パリ。巴里。Paris。 かく言う私も、過去に3回、パリを訪れました。最後に 行ったのは2007年の話ですが…汗 東京と変わらない都会なのに、ビルが少なくて 空を広く感じる。公園もたくさんあって緑豊か…

紅葉を見に行こうと思ったら・・・

早いもので、もう紅葉のシーズンが始まりますね。 桜の次に楽しみな季節ですが、 どこの紅葉を見に行こうか、いろいろ悩みながら計画するのも楽しいものです♪ 最近、ゼンリン地図で紅葉特集、を発見しまして。 ちょっとぽちっとしてみたのですが、 こんな風…

紙上のコント 紙上のコント

小説家の書くエッセイが一番好きとか言いましたが。 唯一の例外が群ようこ氏です。 古くは「鞄に本だけつめこんで」 鞄に本だけつめこんで (新潮文庫) - これを読んで、一気にファンになりました。 文章の読みやすさ、彼女を取り巻く面白おかしい人々を 表現…

ドナウの旅人 アナザーストーリー ドナウの旅人 アナザーストーリー ドナウの旅人 アナザーストーリー

宮本輝氏の作品では、登場人物達はよく国内外を 旅しています。 私がこの間、大好きな小説、旅のバイブルとして 紹介した「ドナウの旅人」の取材旅行の記録が この「異国の窓から」です。 異国の窓から (文春文庫) - ヨーロッパだけでなく、中国とかイタリア…

おすすめ旅サイト

旅行したいなーと思い、 どこへ行こうかなと思った時、 参考にしている旅行サイトがいくつかあります。 フォートラベル http://4travel.jp/ ここに旅行記を投稿している方の 写真とか見て、行きたいなーと いつも思います。 細かく現地情報を載せてくれたり…

旅をする小説

旅行好きのバイブルといえば… 深夜特急 全6巻セット 文庫本 - 沢木耕太郎氏の「深夜特急」が真っ先に挙げられるのでしょうか。 私にとっての旅のバイブルは、宮本輝氏の 「ドナウの旅人」上下巻 です。 ドナウの旅人〈上〉 (新潮文庫) - 東西ヨーロッパの10…

やってみたい旅リスト♪

やってみたい旅リスト やれるか、可能なのかはともかく(笑) やってみたい旅があります。 たくさん(笑) ダイヤモンドセレクト 弾丸トラベル★パーフェクトガイド 2011年 10月号 [雑誌] - こんなのを本屋さんで見かけて、自分がこれから どんな旅をしてみたいか…

旅の相棒♬

1~2泊程度の小旅行なら、もう適当なリュックに荷物は詰めて しまいますが。 ちょっと遠出する時はいつもこれを使っています。 SOLD TOURIST [ソロツーリスト] solo-tourist スイッチパック44 SP-44 BK (ブラック) - 新宿のタカシマヤタイムズスクエアの東急…

ナマステ・インディアin女川へ行って来ました!!

先日、9月17日に、宮城県は女川町で行われた、 「ナマステ・インディアin女川」に お邪魔してきました。 宮城県女川町も、2011年の東日本大震災で 甚大な津波被害のあった場所です。 インドからの救援隊が女川に入り、 活動して、そのご縁でインドと女川町の…

豪華バスで行く京都旅おまけ

そのほか、京都では 到着して、すぐ美味しい朝ごはんをいただき、 初夏の美しい庭を見て癒され… 楽しい時間を過ごせました。 今度はどこへ行こうかな♬

豪華バスで行く京都旅2

今回、京都へは、ほんと、何の目的もなく 気分転換で行ってまいりました。 目的があるとしたら、先に紹介した豪華バスに乗ること(笑) それともうひとつ、 ↓ こちらのお部屋に泊まってみたかったんです(笑) こちら、「ファーストキャビン京都烏丸」という、 …

豪華バスで行く京都旅

先日、京都へ行ってまいりました。 新幹線でも飛行機でもなく、高速バスに乗って行きました。 ただし、普通の高速バスではありません。 最近の高速バスって、ずいぶん進化したんですね(汗) 正直、あと2千円出せば、のぞみに乗れるお値段でした。 ただし、座…

晴れ・曇り・雨etc 好きな天気は何ですか?

もうすぐ梅雨…でも最近は、いきなり真夏みたいに暑くなったり 雨が降ると寒かったり 真冬に戻ったような気候だったり 日本ならではの美しい四季が、どんどん失われつつあるようで、 どことなく寂しいですね 桜は辛うじて咲いてますが、これもまさかいつか桜…

顔出し無しで月収10万稼ぐ方法

こんにちは、じゃっきーです(^_^) 与沢翼さんって、 メディアに出まくってますから、 「顔出ししているから稼げるんだ!」 と思っていませんか? もちろん、知名度による収入も とても多いのですが、 実は、こっそり得ている収入が たくさんあることを…

あの異端児から…?

こんばんは。ご無沙汰していました。 最近、何やかやと忙しくて… そんな私ですが、ネットビジネスについての勉強は怠ってはいないですよ? 今日は、こんなの発見いたしました。 …今やかのホリエモンを凌ぐ存在といわれているらしい、この方。 どんな崖っぷち…

働かずにお金を増やす方法

FX成功法則の城北忠明さんを知っていますか? 城北さんが「初心者でも稼げるFXマニュアル」を世に出してから、 もう5年以上が経ちました。 ⇒ http://www.infocart.jp/e/14822/155375/ 投資商材が次々と出てきては消えていく中で、 なぜ、城北さんは5年…

まさに神曲!!!

http://www.youtube.com/watch?v=ITpVDT0WRtA 日本にも、たくさんのスンバらしいアーティストはいらっしゃいますが。 やっぱ、大本命はこの方達、ですよね~ てゆーか、デビューして23年だってすご…… それなのに、いつまでもトシをカンジさせない活躍っぷり…

み、見たくなかった…。

http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51672015.html なんていうか、人に「老い」はつきもの。 でも、この人のこんな姿は見たくなかったなぁ…… あ、いえ別にファンて訳じゃないんですけどね でも、歌はすごく好きだし、なんつーか、いつまでも「カ…

可愛すぎる♪

リアクションの良い人 動物の映像っていつ見ても心癒されますが。 中でもこれは秀逸!!!!! 大爆笑してしまいました とにかく可愛すぎ~

面白いドラマが…。

戦国の世を生きまする - 武田信玄 はぁ…。 最近は面白いドラマがない。 昔はあんなに楽しみだった大河ドラマがつまらない・・・。 あ、今日からキムタクのドラマがスタートしたんでしたっけ??? 面白いのかな?観てみればよかったかな どちらにしても、あ…

今日は趣味の話を…。(長文ですみません)

今日は、わたしが今一番ハマっている「趣味」のお話をしたいと思います。 わたしが3年前、それこそ「運命の出会い」をして始めた、北インド古典舞踊「カタック」。 歴史は古く、かつてインドの宮廷で王様(マハラジャ)の御前で踊られ、いつしかジプシーによ…

読書の秋

昨日からお月様が綺麗ですね。 そんな秋も深まりつつある今日この頃。 芸術の秋ということで、読書してます。 あ、前から本は好きなので、秋でなくても読んでますが 最近、日本の作家さんで面白い人がいないなーと思い、外国小説を読んでいます。 といっても…

血に飢えてる訳ではないですが。

いえ。実はわたし、昔から「大河ドラマ」大好きで 子ども心に、「独眼流 正宗」を観てすごーく感動してハマッたのです それから翌年の「武田信玄」を夢中で観ました ただ、武田信玄のほうは、父と子の不和があったり、夫婦間の溝があったり、ダークサイドな…

奇抜に見えるけれど・・・。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2834504/7906602?utm_source=afpbb&utm_medium=detail&utm_campaign=must_read さすがアメリカ。やることがすごくて大胆です 日本でも、遺灰を「海に撒く」とか、「故人の望む場所で撒く」というお葬式の仕…