うめたび!

風の向くまま、気の向くまま、旅をするにはまだまだ経験も修行も足りませんが、楽しんで旅をする様子を綴ります。

新たな街へ

2005.10.19 シェナ出発の朝。小雨まじりの寒い1日になった。 カフェで朝食をとって、サン・ジミニャーノ行きのバスへ CIMG0952.JPG 窓外のトスカーナの景色は、やはり何度見ても見飽きない。 サン・ジミニャーノへは雨の中到着。シェナより小ぢんまりした印象。 やはり古都だ。街の石畳の道も煉瓦造りの家も味わいがある CIMG0890.JPG CIMG0949.JPG ただ、ところどころ妙に舗装され直したコンクリートの道があった。 塔もいくつか見えた。他の街と比べて、ドゥオーモがとても簡素だった CIMG0945.JPG 同行者と、また待ち合わせの時間を決めて別行動をとる。 この街の探検を始めた。ここも迷子になる甲斐がある街だと思う。 でも寒かった。 CIMG0914.JPG 同行者と落ち合い、夕食をとろうとあるレストランに入ったつもりが バーのような店だった。困った挙句、カンパリソーダとビーフの カルパッチョなど注文する。 店内はワインの貯蔵庫みたいな感じの、凄くお洒落で店員のお兄さんも かっこよかった。久しぶりのお酒はカンパリソーダといっても 結構強く、一杯で酔ってしまった。ホテルに戻りお風呂も入らずベッドに もぐり込む。今夜は寒い。月も見えない夜だ。 CIMG0942.JPG CIMG0950.JPG 10.19の出費 朝食 euro3.70 バス euro5.20 昼食 euro5.50 夕食 euro17.00 カプチーノ euro2.50 インスタントカメラ euro7.90 宿代 euro20.00 サン・ジミニャーノ2日目。 2005.10.20 朝6時半頃、雨音で目が覚める。がっかりしたけど時間が経てば 止んでいるかもしれないと思い、2度寝。次に目が覚めた時、 雨は止み、うっすら陽ざしも差していた。出かける支度をして 外を見たらまた雨が降っていた。 バールで朝食をとり(オレンジ風味の凄く美味しいブリオッシュショコラ) CIMG0951.JPG CIMG0957.JPG CIMG0958.JPG ポポロ宮内の美術館と、隣接した塔へ行く。美術館鑑賞もそこそこに 塔へ上る。階段がきつい。というより上へ昇るにつれ、階段の造りが ちゃちなことと、下の下まで階段の隙間から見えてしまうことに 気がついてもの凄く恐くなった。てっぺんに着いた時は感動した。 景色も素晴らしかったし(霧がかかっていたけど)、鐘が目の前で 大音響で鳴るのも見れた CIMG0954.JPG CIMG0956.JPG CIMG0959.JPG CIMG0960.JPG 同行者とはその天辺で別れ、ひとり下へ。下りもまた恐い。腰が引けるのを ムチ打って階段を降りていったら、白人のカップルとすれ違った。女の子の 方は恐がって上へ昇れなかった。 降りてから、屋台でローストポークのサンドイッチでお昼にして、 あちこち歩き回る。疲れて休憩したカフェでは、白人グループが あちこちで大騒ぎしていて落ち着かなかった CIMG0948.JPG 早めにホテルへ戻ろうと夕食をとって外へ出てみると、 やっと雨が上がって綺麗な夕焼けだった CIMG0955.JPG サン・ジミニャーノ全体が赤く染まって綺麗だった。 でも時間的には遅かったのですぐ暗くなっていった。 ホテルの窓から夕陽は見えないのかと、急いで戻る。 部屋の窓からのトスカーナの景色は霧で隠れ、路地のどこかで 女性がイタリア語で電話している声だけが聞こえてきた。 10.20の出費 朝食 euro3.80 昼食 euro3.50 塔  euro5.00 コーラとカプチーノ euro5.50 夕食 euro4.90