うめたび!

風の向くまま、気の向くまま、旅をするにはまだまだ経験も修行も足りませんが、楽しんで旅をする様子を綴ります。

きみのためのバラ 旅をする小説

a0960_005778.jpg

昔(若い頃)ほどではないのですが、ちょっと人見知りするたちで、

特に初対面の相手というのが、どう話をしたらいいのかわからなくて

戸惑います。

社会人になり、アラフォーになってだいぶ改善されましたが…

よく考えたら、人見知りの激しいアラフォーって、かなり問題だよなあ。

イタい大人だよなあ…皆どうなんだろ。

予定していた飛行機に乗り損ねて足止めをくらった

主人公が、苦い気持ちで食事をとる店で出会った、

幸せそうにデザートを食べる美しい女性とほんの束の間の

交流を描く「都市生活」で始まる「きみのためのバラ」は、

国際規模の一期一会を丹念につづった短編集です。

きみのためのバラ (新潮文庫) -
きみのためのバラ (新潮文庫) -

池澤夏樹氏は、優れた小説家である一方、国際社会に鋭く

踏み込む旅人でもあります。

国内外のあらゆる場所に旅をし、暮らしてきた著者の描く

小説は独特の世界で、旅先での短く、忘れられない出会いを

丁寧に描いています。

国際結婚に破たんして、異国の別れた妻のもとで育つ娘との

つながりをどう保てばよいのか途方に暮れる男との邂逅、

表題となっている「きみのためのバラ」は、長い旅路の途中で

出会った美少女のためにたった1本のバラを贈る話ですが、

見知らぬ相手が、正体不明の相手が、必ずしも善人とは

限らない。

無条件に隣人を信じることがとてもリスキーなことになって

しまった現代では、人との繋がりや絆がとても脆い、はかないものに

なってしまっていることを、それとなく浮かび上がらせているのです。

a1150_001212.jpg

著者の人を見る目は温かく、どこか冷めていて、

マニュアルでしか会話できない現代人の危うさを鋭く指摘する

一方で、垣間見せる一瞬の人間臭さを見逃さないのです。