読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめたび!

風の向くまま、気の向くまま、旅をするにはまだまだ経験も修行も足りませんが、楽しんで旅をする様子を綴ります。

紙上のコント 紙上のコント

小説家の書くエッセイが一番好きとか言いましたが。

唯一の例外が群ようこ氏です。

古くは「鞄に本だけつめこんで」

鞄に本だけつめこんで (新潮文庫) -
鞄に本だけつめこんで (新潮文庫) -

これを読んで、一気にファンになりました。

文章の読みやすさ、彼女を取り巻く面白おかしい人々を

表現する時の独特の描写とか呼び名(別の小説ですが、

登場人物を“まじめな人”とか“売れない演歌歌手”と呼称し

ずっとそれで通してた)とかとても面白くて身近な出来事として

親近感を持たせてくれます。

亜細亜ふむふむ紀行 (新潮文庫) -
亜細亜ふむふむ紀行 (新潮文庫) -

亜細亜ふむふむ紀行は、タイトル通り、

香港、ソウル、大阪を訪れた際のドタバタを

綴った紀行エッセイですが、1993年と

返還前(何年前だよ)の香港で少し買い物をして

(他の同行者は凄まじい勢いで買い物してますが)、

たくさん食べて、でも酷暑な香港で体調を崩して

寝込んでしまったり、そんな珍道中が生き生きと

綴られています。

著者が、ホテルでへたばっている間、他の

同行者達がナイトマーケットを訪ねたり、

マカオのカジノでの話を、すべて「聞いた話」と

しながら面白おかしく語っています。その様子は

本当に紙上のコント。筆者と一緒にドキドキハラハラ、

イライラ、わくわくしながら旅をしている気分になれます。

a0050_000125.jpg

登場人物として出てくる同行者達も魅力的で、

いつもぼんやりのんびりして「世界一買い物が下手くそな女」と

こき下ろされながらも幹事として奮闘する女性とか、

機関銃張りに喋りまくる女性とか、

出発当日に大遅刻してひんしゅくを買う男の子とか、

賑やかで楽しそうで、絶対さびしくなさそうな面々です。

マカオのカジノで、機関銃おしゃべり女と大遅刻男子が

ルーレットで偶然出会った可愛い女の子(中国人?)を

勝手にキャサリンとか名付けて夢中になったりするところとか、

もうどこから突っ込んでいいか分からないくらい面白い。

大好きな1冊です。