読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめたび!

風の向くまま、気の向くまま、旅をするにはまだまだ経験も修行も足りませんが、楽しんで旅をする様子を綴ります。

血に飢えてる訳ではないですが。

いえ。実はわたし、昔から「大河ドラマ」大好きで黒ハート 子ども心に、「独眼流 正宗」を観てすごーく感動してハマッたのですぴかぴか(新しい) それから翌年の「武田信玄」を夢中で観ましたぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい) ただ、武田信玄のほうは、父と子の不和があったり、夫婦間の溝があったり、ダークサイドなところがあって、何ていうか「オトナな大河」という感じでした。 今思えば、渡辺謙さんも中井喜一さんも若かったなぁ…。 若くして大河の主役という重圧をものともせず(ように見えました)、観る人を楽しませ、のめりこませてくれる演技ができるなんて、やっぱり凄い。 わたし自身、別に戦闘ものは好きじゃないし、血に飢えてるわけではないし(笑)、斬り合いで血が流れるシーンとかは好きではないですがたらーっ(汗) それでも合戦シーンの迫力はたまりませんぴかぴか(新しい)戦国時代って響きが好きなんだと思います。 女は政治(まつりごと)に利用されて嫁入りさせられ、子どもを産む道具に扱われ、男の庇護の下、息をひそめるようにして生きるしかなく、男は戦に命を懸ける生き方が当然とされた時代。 逆らおうとしたら、時代の荒波に容赦なく飲み込まれてしまう。 生きるために、必死だった時代。 現代でも似たような「生きるためのいくさ」はありますが、似て非なるもの。 現代の生きるためのいくさは、平和ボケしてしまった現代人への警鐘と思えるのです。 改めて、生きていることに感謝せねば・・・。